ebayリサーチとebayビジネスの作業効率が上がるアプリ解説

  • ebayでコピペするところがたくさんあるから一個一個するのが大変・・
  • お客さんの返答をもっと楽に効率化して返したい、、
  • 発送時にコピペする場所がたくさんある。。

など改善できれば効率良くできるものがあります。
今日はこの課題を解決したい方のための記事となっております。

 

このアプリを使えば今までのスピードの3倍以上で作業ができるようになるよ

 

1 Clipy 〜Mac編〜

 

【作業効率UP おすすめアプリ】のMac編として、
Clipyというアプリがおすすめです。
以下の動画ご覧ください。

Mac版 Clipy ダウンロードURL
https://clipy.softonic.jp/mac/download

 

2 Clibor 〜Windows編〜

windowsの方はCliborというアプリがあります。
こちらを導入すると先ほど紹介したMac編のClipyと同じ効果を発揮します。
以下ご覧ください。

windows版 Clibor ダウンロードURL
https://www.vector.co.jp/download/file/winnt/util/fh725643.html

 

動画の中身を見て貰えばわかりますが、これは何かというと、

  1. コピーした履歴を溜めることができる
  2. 定型文をストックしておくことができ、いつでもすぐに引き出せる

これが主なメリットとなります。

①に関しては日常業務でも使うくらい頻繁にどこでも使えるものなので、便利なのと、
②をうまく使えばお客さんへのメッセージを素早く送ることができます。
例えば
Hello! ◯◯◯!
Thanks for watching and commenting on my product!
質問の回答
Thank you.
Best regard.
Shun

というのが私は定型文章の引き出しにあります。
なのでこれをすぐに引き出し、質問の回答を真ん中に差し込むだけで丁寧な文章の感じが出せます。
もちろん皆さんもうまくやっているかとは思いますし、自分の方法があって効率良いのがあるというのであればそれでもちろん構いません。
ただ、うまく使いこなすことができると、速さは増せるのでオススメです〜
よく依頼するカテゴリーナンバーやビジネスポリシーやメールアドレスなんかも引き出しに入れています。

うまく使うとかなり時短できるのと脳の消費量を抑えることができるのでとても良いです。
Macの方は割と簡単何ですが、windowsの方がちょっと厄介かもしれません。

 

補足 Deepl翻訳

これは効率化というよりは、精度向上ということで翻訳機能の優秀版です。
Google翻訳よりもDeepl翻訳は精度が高く翻訳することが可能です。
こちらです。
https://www.deepl.com/ja/home

ぜひご活用ください。

 

コラム1 続けてみないとわからない

本当にこれに関してはそのままの意味でもあるので、その通りに解釈していただきたいのですが、
やっぱりここは重要だよねという再認識です。
#みなさんもご理解の上だとは思いますが少々お付き合いください
ebayではインプレッションというのが大事であり、いかに多くの人に商品をみてもらうか、そして目に触れる機会を作るです。

ただそれくらい大切であり、マーケティングどうこう言う前にそれはそうだよねと納得できると思います。
そしてここの向上を右肩上がりに作っていくのは、出品数と定期的な出品です。
ここは絶対外せません。
むしろここをしっかり継続的に行っていればある程度結果(売ること)が出せると思ってます。

いつもプレミアムストアの例を取り上げますが、プレミアムストアでは月1000品までは無料で出品ができます。
ということは1日33品ずつ出し続けることができるわけです。
#単純な算数ですので割愛します

そしてオークション出品を使うことで500品無料で出せるので1500品は無料枠で戦えます。
#カテゴリーや出品期間によって手数料かかる場合があるから大量出品する前に手出品でチェックしたほうがいいよ
1日33品をどういう風に使うかはみなさん次第ですが、時間があるのであれば細切れに朝昼夜で出品してみるのも面白いかと思います。
これを継続できるかできないかで、売上が変わってきます。
ここは要チェックポイントですのでチェックよろしくお願いします。

続けないとわからないゾーンがここにあります。
これは継続した人に与えられるギフトだと思ってます。
もちろんページビュー数も大事であるので、
それぞれの商品に詳細をつけるのは言うまでもないですがまずはそれよりも出品です。
EXPOでの出品で効率良くやっていきましょう。

 

コラム2 アウトプットの場所の重要性

インプットの質はアウトプットの環境で決まる

これはかなり本質をついているなぁと思いますので、共有させていただきます。
人は生活をしていくだけでもかなりのインプット量があり、知らない間に動画・画像・テキスト・音声・テレビ・何気ない会話・SNSなどでもインプットしてます。
また意識的なインプットとしては読書・セミナー・主体的に観にいくSNS・ニュースアプリなどがあります。
様々な場所でインプットする機会がある中で自分はどれだけ1日の中でアウトプットしているかを時間や環境で計算したときに、
少ないと感じるのではないでしょうか?

もちろん仕事上でプレゼンやクリエイティブな資料作成に関わっていたりすると、かなりアウトプットする場所があるかもしれませんが、
自分が学んだ大事なことをアウトプットする環境を作っておく事が必然的に成長につながります。
なぜならそれを続けざるを負えない環境を用意しておくことによって、継続して行っていくとともに「改善する」という工程が、
アウトプットせざるを負えない環境を用意しておくと勝手にできてきます。
昨日のこれは見返すとここが良くなかったな、、じゃあここを今日は直してやってみよう。
などはほぼ自然と生まれてきます。
自分は今毎日朝の音声・コミュニティー記事・動画配信(これは不定期だけど)・zoom対談などでアウトプットの場所を作っています。
もちろんこれがあると、必然的に毎日をなんとなく過ごしていたら毎日やるアウトプットは到底できないんですね。

でも逆にこれを決めてしまったから(アウトプットする環境を作ってしまったから)
インプット量はかなり質が上がってきましたし、良い吸収率だと感じています。
これは教育の場でも大事だと思いますが、子どもが勉強の吸収率良くできるのもテストというアウトプット環境があるからであり、
さらにできる子は友達に教えるという最強のアウトプットを活用しています。
#一旦学校の勉強が社会の価値にどれだけ必要であるかという議論は置いといてください

だからこそ最近教育の場ではリトルティーチャー制度という風にして授業を進める先生も多いです。
#私も中学校数学教師をやっていましたのでこの手法は活用してました
#子どもが先生になる(教える役割を果たす)

アウトプットはかなりパワーが入りますし、そもそも勇気が必要である場合もあります。
コメントを残すというアウトプットも一つです。
もちろんチャットにコメントする事が勇気が必要であることもわかっています。
「自分のこの言い方で他の方を傷つけないだろうか、文章がつたなすぎて恥ずかしい、
質問の仕方は適切なのだろうか、、、」など
色々行動を遮る要素としては出てきます。

そしてさらにいうと、副業でやってらっしゃる方がほとんどですのでそもそもあまりチャットをみる事ができていない、
仕事で疲れすぎて家に帰ってすぐ寝てしまう、、
ebayやりたいんだけどもエネルギーが、、
という方が多く存在していることもめちゃくちゃ理解しています。

なのでもちろん強制ではないですし、成長したかったら絶対こうしろ!!、秒で動け!みたいにマッチョなことは決して言いません。
これができる状態にある人はそうすれば良いし、
そうでない状態の人は一旦心を落ち着かせてどうすればebayの時間を取れるか。
を少しずつで良いので探っていきましょう。

何事もですがいきなり答えは出ません。
一日にごとに何かが起こり、辛いこと苦しいことなど起こるのです。
これを前提として言わせていただきますが改めてアウトプットする環境は大事だということをお伝えします。

ebayだけで言うのであれば
アウトプット=出品 or マーケティング戦略などですね。

インプットしたら必ずそれで出品していきましょう。

正解なんてありません。
正解は色んなインプットやアドバイス、自分で経験してきたことを軸に自分で決めていきます。
というより自分でしか決められないのです。

人生背景・今の現状・過去起こったことなど全てそれぞれ違います。
それ全部ひっくるめて自分ですので、自分がやってきたこと、仮説・検証してきたこと、
本質的な「自分の正解」を自分の言葉で後世の子どもたちや周囲の人たちに伝えられたらいいなと思ってます。

ちょっと一筆書きで書きすぎて脱線した感じもありますが、アウトプット大事だよ!ってことをお届けしました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

相談したいことがあれば、お気軽にご予約ください
無料zoom相談はこちらから
無料zoom相談はこちらから